アブノーマル過ぎるサラリーマンからのお誘いを断った後、私にとって未知の領域とも言える男性からお誘いのメールが届きました。その人は何と御年50歳の中年男性だったんです。メールを見たときは「まさか…!」と思いました。何しろ私の父親と同年代なわけですから。その男性からしたら私は娘みたいな存在。それほど年齢差があるのでセフレになりたいと言われても困惑するばかりです。私はかつて中年男性とセックスをしたことがありません。どれだけ年上だと言っても年齢さはせいぜい10歳くらい。なのでセフレにするなら同年代でいくらかイケメンの男性が理想でした。しかし私はこの中年男性とセフレになることを決意しました。

 

当然理想とはかけ離れています。年代も違えばイケメンでもない。どちらかというと若い女の子に「キモイ」といって嫌われるようなタイプのおじさんです。だけど何だか妙に惹かれてしまったんです。今まで経験のない事だから余計かもしれません。若いイケメンと中年男性のセックスはどう違うんだろうという興味がふつふつと湧いてきました。それに「若い男には負けないほど性欲が旺盛」と自負しているようでしたので、それも魅力に感じたのかもしれません。また中年男性ならセックスをしたところで恋愛関係に発展することはまずないと思ったんです。その方が面倒な事にもならないし、たとえ私に彼氏が出来たとしても後腐れなく関係を終わらすことが出来るんじゃないかと。性欲のはけ口にするならちょうどいいとも感じました。

 

いずれにしても私はこの未知の領域である中年男性とセックスをすることにしました。もちろんこの時は一回だけという気持ちがありましたので、まさか長きにわたりセフレの関係を続けるとは思っていなかったのも事実です。こんなに幅広い年齢層の男性から誘われるのも、セフレアプリ特有の魅力ですよね。

 

定番サイト登録無料
セフレアプリBEST5
セフレを希望する女の子におすすめのアプリ